スポンサードリンク


2014年04月27日

シリコンバッグによる豊胸で多い失敗とは


シリコンバッグを使った整形手術は、豊胸の中でも大変ポピュラーです。

しかし、この整形手術にはカプセル拘縮と呼ばれる失敗が付き物です。

シリコンバッグを使った整形手術を受けた女性のおよそ10人に1人は、
こうした失敗の悩みを抱えているので、シリコンバッグによる豊胸を行った女性は、注意しましょう。

体内では、シリコンバッグは異物扱いされてしまいます。

しかし、簡単に体外に押し出されない位置に挿入されているので、そう簡単に押し出す事はできません。

そこで人間の身体は、押し出す事ができなければ、皮膜を作って閉じ込めようとします。

これらは人間の身体として正常な働きゆえ、皮膜も薄ければ問題はなく、失敗ではありません。

ただ、皮膜が強くシリコンバッグを取り囲んだり、強く締め付けてくると、
カプセル拘縮を引き起こしてしまうのです。

カプセル拘縮を放置しておくと、豊胸した胸がまるでテニスボールのように硬く膨らんできます。

見た目にも違和感が出てくるので、早い段階で専門の医師に相談する事をオススメします。

また、整形手術後に出血や炎症があった場合、カプセル拘縮が起こりやすいので、注意しておきましょう。

posted by びよう at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸

2014年04月26日

回復の早いボディジェットで脂肪吸引


脂肪吸引の中でも、広く知られている整形手術が、ボディジェットです。

ボディジェットでは、ジェット水流のパワーで細胞を分離させながら、脂肪吸引を行います。

ジェット水流の中身は脂肪を溶かす液体であり、麻酔や止血効果が期待できる薬剤も含まれています。

その為、別途局所麻酔を行わなくとも、麻酔が完了した状態で施術が行えます。

また、ボディジェットによる脂肪吸引では、ジェット水流で脂肪組織だけを除去するので、
周辺組織へのダメージを最小限に抑えられます。

その為、これまでの整形手術よりも回復が早くなっています。

しかし、いくら回復が早いとはいえ、ダウンタイムは必要になるので、勘違いしないようにしましょう。

さらに、ボディジェットはボディラインをデザインしやすい整形手術です。

その為、ムラが生じる事も少なく、綺麗に仕上がります。

ただ、医師のテクニック次第では、ムラが生じたり、皮膚が凸凹になる可能性があります。

そこでボディジェットによる脂肪吸引は、熟練の医師から受ける事をオススメします。

posted by びよう at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引

2014年04月25日

安全性の高い脂肪注入法でバストアップ


バストアップの整形手術の一つとして、脂肪注入法が挙げられます。

この脂肪注入法では、自らの脂肪を胸に注入する事でバストアップを行います。

自らの脂肪を利用する事は、身体への負担や違和感を減らすだけでなく、
アレルギー反応のリスクも減らしてくれます。

その為、数あるバストアップの整形手術の中でも、高い安全性を誇ります。

しかもこの整形手術の為に利用する脂肪は、色々な部位から取る事が出来ます。

太ももやふくらはぎといった下半身は勿論、腕や背中といった上半身からも取る事が出来ます。

その為、気になる部分の脂肪を取り除けば、ダイエットにも繋がる上にバストアップもでき、
まさに一石二鳥となります。

また、脂肪注入法の場合、後日レントゲンで撮影しても異物が映る心配はありません。

つまり、バストアップを行った事が、他人にわかりにくいというわけです。

これは、胸と同じ性質を持つ自らの脂肪を利用する脂肪注入法ならではの魅力と呼べるでしょう。

posted by びよう at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸
スポンサードリンク