スポンサードリンク


2014年07月11日

豊胸に使うバッグの種類

豊胸手術をすると胸を触ったときの感触が不自然になるという話を聞いたことがありませんか?

以前、豊胸手術によるバストアップが流行った頃によく言われていたことです。

これは、バストアップの際に胸の中にバッグを入れることが原因です。

バッグは胸についた脂肪と感触が異なるために、不自然になると言われていたのでしょう。

では実際はどうなのでしょうか。

豊胸手術で用いられるバッグには種類があり、生理食塩水タイプとシリコン製のタイプがあります。

触ったときの感触でいえばシリコン製がとても自然と言われています。

そしてシリコンはバッグが破れてしまった際にもその部分に留まり、豊胸によるバストアップ効果を維持することができるのだそうです。

一方生理食塩水タイプは、シリコン製に比較すると感触の点では劣るものの、安全性が高い方法です。

生理食塩水は体の成分と同じなので、シリコンバッグが破れた際に自然に体の外に出ていきます。

その代わり、破れてしまえばバストアップ効果はなくなってしまうということです。

バストアップにも様々な方法があるので、ご自分にあった豊胸手術を選んでください。
posted by びよう at 17:02 | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸

2014年07月09日

エラ削りの手術はどう行なうのか

エラ削りは人気があって一般的になりつつある美容整形の方法ですが、どのような方法で行なわれるのかご存知でしょうか?

エラ骨を削るなんて痛いのではないか、術後腫れたりするのではないか、という不安が必ずあることと思います。

エラ削りの方法を簡単にご紹介したいと思います。

まずエラ削りは全身麻酔をかけられてから施術が始まりますので、痛みは全く感じません。

麻酔で眠っているうちに手術が終ってしまうので、痛みに関しては不安を感じる必要はないでしょう。

そしてエラ削り手術後の腫れについてですが、これはほぼ100%腫れは生じるそうです。

ですがこれも一週間もすれば治ってくるそうですから、長期間辛い思いをするということはありません。

肝心の手術ですが、これは骨用ノミというものが医療用として販売されていまして、これを使って削るそうです。

エラ削りに慣れていない医師が骨用ノミを使うと、左右非対称になってしまったりすることもあるそうなので、エラ削りにおいて医師の経験値は最も必要になってくることかもしれません。
posted by びよう at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形外科

2014年07月08日

脂肪吸引手術

全身の脂肪吸引手術を受けましたが、その時にいろいろ調べたサイトに手術失敗例などが多数出ていました。

なので何処のクリニックにするかを決める時、カウンセリングをたくさんしまして決めることにしました。

結局脂肪吸引を受けたクリニックは、脂肪吸引においての名医だと言われている医師がいる美容整形外科にしました。

今まで手術を受ける前までは、脂肪溶解注射などで少しずつですが脂肪を減少させてきました。

でもこれでは、何回も何回も注射しなければならないし、お金もかかってしまいます。

なので思い切って脂肪吸引を受ける決意をしたのです。

そして脂肪吸引をしたところは自身の体で結構気にしていた背中・二の腕やお腹周りの脂肪です。

ネット上では、筋肉まで傷つけてしまったという手術失敗例があったのですが、自分の場合はそのような失敗は無いようで、ホットしています。
posted by びよう at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形ブログ
スポンサードリンク