スポンサードリンク


2014年07月11日

豊胸に使うバッグの種類

豊胸手術をすると胸を触ったときの感触が不自然になるという話を聞いたことがありませんか?

以前、豊胸手術によるバストアップが流行った頃によく言われていたことです。

これは、バストアップの際に胸の中にバッグを入れることが原因です。

バッグは胸についた脂肪と感触が異なるために、不自然になると言われていたのでしょう。

では実際はどうなのでしょうか。

豊胸手術で用いられるバッグには種類があり、生理食塩水タイプとシリコン製のタイプがあります。

触ったときの感触でいえばシリコン製がとても自然と言われています。

そしてシリコンはバッグが破れてしまった際にもその部分に留まり、豊胸によるバストアップ効果を維持することができるのだそうです。

一方生理食塩水タイプは、シリコン製に比較すると感触の点では劣るものの、安全性が高い方法です。

生理食塩水は体の成分と同じなので、シリコンバッグが破れた際に自然に体の外に出ていきます。

その代わり、破れてしまえばバストアップ効果はなくなってしまうということです。

バストアップにも様々な方法があるので、ご自分にあった豊胸手術を選んでください。
posted by びよう at 17:02 | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101598197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク