スポンサードリンク


2015年07月08日

ヒアルロン酸 豊胸失敗例

夢にまで見た整形の豊胸、しかしその胸を触ると何か硬いような。
これは自然な仕上がりとは言えず、失敗かも知れませんね。
美容整形でこのような豊胸失敗とされているのは、ヒアルロン酸注入法でよくあるそうだ。

ヒアルロン酸と言うと、何か柔らかいイメージがありますので、実際に手術を受けた人は硬いと思うでしょう。
そうなると、ヒアルロン酸を溶かしてしまおうと考えてしまいますよね。
てもそれは、段々と体内に吸収されるものですから、何も溶かすことはないと思います。

ですが、吸収するのに何年も待てない、またはこの整形を失敗と強く思っている方には、ヒアルロン酸を溶解させるために注射を打つという方法もあります。
ても、ヒアルロン酸を溶解すれば、当たり前ですが元の胸に戻ってしまいます。

この方法にするか他の方法にするかをよく考えて、豊胸手術を受けるようにしましょう。
posted by びよう at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸

2015年06月30日

リップリングの豊胸失敗

どのような体型をしても整形手術は受けられます。
もちろん豊胸もそうです。
とは言っても、ガリガリに痩せている方は、シリコンバッグを挿入する豊胸のリップリングという失敗が起こる可能性があります。

そのリップリングとは、シリコンバッグの縁がザラザラとなってしまう現象なんです。
胸を動かして見てみると、縁が盛り上がるのが確認できます。
尖って見えてたり波打ったような胸というならば、まさにこれはリップリングの豊胸失敗ですね。

リップリングは、放おっておいてもどうにもなりません。
なので何とかしたい場合は、シリコンバッグを取り出すしかないのです。

痩せている方は、このシリコンバッグによる豊胸ではなく、他の方法による整形手術がいいでしょう。
今では様々な方法があるので、カウンセリングで相談して自分に合った整形手術を受けましょう。
posted by びよう at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸

2014年09月04日

ヒアルロン酸による最新豊胸手術

ヒアルロン酸による豊胸は益々期待されています。

ヒアルロン酸を注入するだけで胸を大きく出来るという、メスは使わなくて非常に簡単に出来るから、「プチ整形」とも言われて人気が高まっています。

これまで主に行われていた豊胸は、脇の下を少し切開して豊胸バッグを挿入していました。

しかしヒアルロン酸注入法であれば、いっさいメスを使用しない、つまり皮膚を切らないというものです。

豊胸手術を受ける人が、望んでいるバストの大きさや状態など考えて、ヒアルロン酸を注入する箇所や量などを決定します。

豊胸バッグの方法と違ってヒアルロン酸の豊胸は、傷が残らないのはメリットなんですが、しいてデメリットと言えば、効果が2〜3年なのが注意点となります。
posted by びよう at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸
スポンサードリンク