スポンサードリンク


2014年05月20日

セリューション豊胸で自然なバストアップ


安全性の高い整形手術として、脂肪注入法によるバストアップを選ぶ女性が多いようです。

脂肪注入法ではただ脂肪を注入するだけですが、セリューション豊胸なら脂肪と同時に、脂肪肝細胞も注入する事ができます。

この脂肪肝細胞とは、新たな血管や脂肪などを作るだけでなく、自らの複製も作る事ができる細胞です。

そんな脂肪肝細胞を同時に注入すると、脂肪の壊死及び吸収の予防に繋がります。

そこで、脂肪注入法を検討中の女性には、セリューション豊胸もオススメします。

また、セリューション豊胸はしこりが出来にくく、バストアップ効果が持続するという魅力もあります。

一般的な脂肪注入法によるバストアップと比較すると、脂肪の定着率がおよそ5倍以上高いというデータがあるほどです。

これは、脂肪肝細胞によって、胸に栄養が行き渡り、脂肪が元気に生き続けている証拠と言えます。

実際に、セリューション豊胸による整形手術を受けた女性によると、仕上がりが自然、柔らかいといった口コミがあります。

ただ、他の整形手術よりも費用が高いという口コミも多いので、よく比較検討してみて下さい。

posted by びよう at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸

2014年05月16日

コンデンスリッチ豊胸でバストアップ


定着率の高さと整形手術にかかる時間の短さから、注目を集めているのがコンデンスリッチ豊胸です。

コンデンスリッチ豊胸は、自分自身の身体から取り出した脂肪を外気に触れさせず、不純物を取り除いて濃縮した状態で注入する整形手術です。

不純物を取り除いた脂肪によってバストアップを行うので、しこりなどが出来にくいのが大きな魅力です。

コンデンスリッチ豊胸で注入される脂肪は、若く健康的な細胞が濃縮されています。

その為、従来の脂肪注入法よりも、定着率が高いと言われています。

しかも、自然で綺麗なバストアップが行えるとあって、今後さらに普及するであろう整形手術と言えるでしょう。

なお、コンデンスリッチ豊胸にはアメリカのFDAの認可を受けた治療機器が必要になります。

そして、コンデンスリッチファット協会に加盟している認定クリニックでしか、整形手術は行えません。

その為、コンデンスリッチ豊胸によるバストアップを行う場合は、これらをきちんと揃えたクリニックを選ぶようにしましょう。

posted by びよう at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸

2014年05月11日

再生医療のPRP注入療法でバストアップ


PRP注入療法による整形手術は、再生医療を用いたバストアップになります。

PRP注入療法では、多血小板血漿と呼ばれる濃度の高い血小板を、
自分自身の血液から抽出し、バストアップに利用します。

血小板には、成長因子が含まれているので、アンチエイジングに最適です。

ここで気になるのは、血小板の抽出にどれだけの血液が
必要になるのかではないでしょうか。

基本的に採血で採取されるのは、およそ16ccと言われています。

決して多い量ではありませんので、
安心して受けられる整形手術と呼べるでしょう。

また、自分自身の血液から抽出した成分は、当然自己組織となります。

その為、アレルギー反応や違和感を感じる事もありませんし、
感染症の心配も不要です。

安全性の高い整形手術でバストアップに取り組みたいという場合は、
このPRP注入療法を検討してみてはいかがでしょうか。

特に、脂肪注入法によるバストアップと併用すると、
脂肪の定着率を高められるので効果的です。

posted by びよう at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容整形 豊胸
スポンサードリンク