スポンサードリンク


2014年06月07日

脂肪吸引で無理なダイエットを卒業


ご自分の体型にコンプレックスがあるという方は常にダイエットをされているということも多いでしょう。

ですが、無理なダイエットが祟って痩せるのに必要な筋肉まで落ちてしまうということもあります。

筋肉が落ちればより太りやすい体になってしまって、また無理なダイエットを重ねるという悪循環になってしまいます。

筋肉を減らさずに痩せたい場合には脂肪吸引をするという手もあります。

脂肪吸引ならば筋肉はそのままで余分な脂肪のみを減らすことができて、その分後々の体の管理が楽になります。

無理なダイエットをする必要もなく、普段どおりに食事をすることもできますし、過度の運動もしなくても良いのです。

毎日何kmもジョギングをするというのは辛いですから、脂肪吸引で無駄な部分だけを落としてしまえば負担も少ないですね。

もちろん甘いものを食べ過ぎたりしてしまえば脂肪吸引をしてもまた元に戻る可能性もあります。

脂肪吸引と普段の生活のバランスを考えて、筋肉と脂肪のバランスが取れた美しい体作りを目指しましょう。

posted by びよう at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引

2014年05月27日

PAL法で効率よく大量の脂肪吸引


PAL法と呼ばれる脂肪吸引は、チューセメント、ハイパーインフレートと呼ばれる整形手術の進化版と呼ばれています。

PAL法では、1分間におよそ4,000回もの高速振動を実現させた機械を利用します。

この機械をカニューレと呼ばれる管に取り付け、高速反復の力を利用して、脂肪吸引を行います。

これにより、短い時間で効率よく大量の脂肪吸引が行えます。

しかもPAL法では、カニューレを細かく操作する事が出来ます。

その為、繊細なボディデザインにも適している整形手術と呼べるでしょう。

これらは人間の手では真似できない機械ならでは動きなので、いくら熟練の医師でも無理でしょう。

また、PAL法で吸引された脂肪は、鮮度が高いという特徴を持っています。

その為、他の部分への注入にも利用できる脂肪吸引として、豊胸といった整形手術と併用される事も珍しくありません。

さらに、脂肪を組織ごと全部吸引する事から、リバウンドを心配する必要もないと好評です。

posted by びよう at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引

2014年05月21日

シリンジによる脂肪吸引でボディデザイン


シリンジとは、手動式の注射器です。

そして注射器の内部の圧力が、外部よりも低くなっている事を利用した脂肪吸引は、使用する注射器と同様にシリンジと呼ばれています。

一般的な脂肪吸引で広く用いられているカニューレと呼ばれる管を用いないので、皮膚を切開する必要がありません。

しかも、注射器の圧力だけで脂肪吸引を行う整形手術なので、繊細なボディデザインに対応しています。

皮膚を切開する必要が無いという事は、整形手術後の回復も早くなります。

しかも傷跡もとても小さく、ほとんど目立たないので、顔の脂肪吸引にも利用する事ができます。

また、注射器を利用する事で、細かく吸引した脂肪の量をチェックする事が出来ます。

その為、仕上がりや吸引量をチェックしながらの整形手術が可能です。

シリンジを使った整形手術は、医師のテクニックも必要です。

医師のテクニックが無ければ、いくら吸引量が少なくとも、皮膚が凸凹になるなどのリスクが大きくなります。

また、大量の脂肪吸引には不向きな整形手術なので、しっかり除去したい場合には他の脂肪吸引をオススメします。

posted by びよう at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引
スポンサードリンク